mama note

衣と食と住

暮らしの記録と雑記ブログ

大人の歯列矯正にかかる費用を公開。パート主婦でもなんとか支払い終えそう!

f:id:mmm171218:20180113223819j:plain

歯列矯正を始めて1年と10か月になるえむmamaです。

今までの歯列矯正の記事では歯列矯正を推奨してきました。

 

関連記事:洋服やメイクよりもまず『歯』にお金をかけるべき!【歯列矯正のススメ】

 

推奨することには変わりないのですが、一番気になるのは歯列矯正にかかる費用ですよね。歯列矯正はお金がかかります。はっきり言ってめっちゃかかります

 

それで始められない!という人が多いと思われます。私も費用面がネックでなかなか始められませんでした。

 

でもだからと言って諦めないでほしい。少ない貯金しかないパート主婦でも、もうすぐ支払い終えそうです! (現時点で支払い残金は5万円ほど)

 

「まぁいつかできたらいいな」ぐらいに思っていた歯列矯正

 

きっかけをくれたのは夫でした。「半分は出してあげるから」と男前な一言で後押ししてくれたので、その言葉に甘え、ようやく重い腰をあげることに。ですが、結局最後まで夫のポケットマネーから出してもらうことなく支払えそうです。

 

今回の記事では大人の歯列矯正にかかる費用と支払い方法を紹介しますね。

費用面がネックで始められない方に何か参考になれば幸いです。

 

※あくまで私の場合なので参考程度にお願いいたします。

 

歯列矯正でかかる費用

相場は60万~100万円とのこと。

 

実際かかった費用

現段階で分かっている費用総額は878,000円

 

 治療には、【初診・検査・診断】【矯正治療】【予後管理費】と3段階あります。以後項目ごとの費用を説明していきますね。興味のある方はご覧ください。

 

※全て税抜き価格で表示しています

 

初診・検査・診断

25,000円

初診料がかかる矯正歯科もあるようですが、私が通っている歯科ではかかりませんでした。初診では歯列や口内の状況を見てもらいます。

 

初診内容

  • どれくらいの費用がかかるのか
  • 抜歯を希望するかどうか
  • どのような治療方法になるのか

など治療の概要を教えてくれます。

 

費用がかかってきたのは検査・診断からです。ここでは初診より詳しく歯列や口内の状況を見てもらいます。主に口内の撮影・レントゲン写真の撮影です。このデータをアメリカの正式な機関に送り、顔の歪みや噛み合わせのズレなど細かく分析していただき、数値化してもらいました。

 

矯正治療

790,000円

矯正治療中の一番つらい時期です。ちなみに治療方法はオーソドックスな表側矯正で、よく見る銀色のワイヤーの矯正装置での治療です。(ブラケット治療)これは抜歯ありの金額ですが、抜歯なしだと730,000円でした。

 

予後管理費(2018/1/13時点での予定金額)

装置除去・歯面清掃・リテイナー 60,000円

来院時観察料          3,000円

 

矯正装置を外し、その後のクリーニングやリテーナー(後戻り防止装置)などの予後治療ですね。私はまだこの段階まで行っていませんのであくまで予定です。

 

これで総額878,000円

ってほぼ90万や(;゚Д゚)

 

あと抜歯の料金やその他外科手術などは別料金なので100万は超えるんじゃないかなと予想しております。やはり100万は覚悟しておいた方がいいですね。

 

でも諦めないで!分割支払いできる矯正歯科もあります

100万なんて大金払えない・・・そう思いますよね。私も支払えても生活に支障が出るのではないかと心配でした。

しかし私が通院している歯科の場合、治療期間中の790,000円は分割支払いが可能です。私は初めに20万円を支払い、あとは24回分割支払いにしています。(月23,000円)

 

ちなみに利子などはありません。

 

1年以内に半額、2年以内に全額を支払うことが条件にありますが、この分割支払い制度があるおかげで、パート主婦でも全額支払うことができそうです。

 

ちなみに通院している矯正歯科では以下のように支払い方法がいくつか提案されています。

  1. 一括払い
  2. 均等割り
  3. ボーナス併用
  4. ボーナス払いまたは分割払い

また何らかの事情によって支払えない場合は相談に応じるとのことだったので、かなり親切な矯正歯科だと思います。矯正歯科選びも重要ですね。

 

矯正歯科によって支払い方法は違うと思うので、よく確認してくださいね。

 

おわりに

以上、大人の歯列矯正にかかる費用でした。まだ払い終えていないため、総額については不確定ですが、100万弱はかかるようです。

 

これだけの大金を支払うのは大変だと思っていましたが、生活に困窮することもなく、月数万円のパート代でも今春には払い終えることができます。

 

何度も繰り返しますが、矯正歯科によって費用もやり方も違います。矯正歯科を3件あたりましたが、本当にピンキリでした。あくまで一例ですのでご参考程度にお願いしますね。

 

今回はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【実際の体験談】大人の歯列矯正4つのメリットとデメリット

f:id:mmm171218:20180108141821j:plain

歯列矯正をしたい!」と思っても、費用面など心配なこともたくさんありますよね。私もなかなか踏み切れないまま、何年も悩んでいました。

 

しかしその悩んでいる時間ってすごく勿体ないんですね。私は始められるなら早めに始める方が絶対に良いと思います。

 

そこで本日は歯列矯正歴2年の私が、実際感じている歯列矯正のメリット・デメリットをあげてみます。

 

▼前回の記事

mmm171218.hatenablog.com

 

メリット

歯並びが綺麗になり悩み解消

メリットの中でもこれが一番大きいですね。長年の悩み、コンプレックスが解消されるというのはかなり大きな要素です。

 

噛み合わせが良くなり健康面でも良い効果が期待できる

美容面だけでなく、健康面でも良い影響を及ぼします。

例:

  • しっかり咀嚼することができるため、消化しやすくなり胃腸の負担を軽減
  • 噛み合わせが原因の肩こりや頭痛を軽減
  • 虫歯になりにくくなるため口腔内の健康状態も改善

 

気持ちが前向きになる

歯並びを整えることで精神的にも良い影響がありました。歯並びが悪いと大きく口を開けて笑うことや、写真を撮られることに抵抗がありましたが、あまり気にならなくなりました。人と接することにも積極的になれました。

 

顔が変わる

外科手術なども必要になってくると、本当に美容整形並みに顔が変化する方もいるようです。(顎変形症の方など)

外科手術をしなくても噛み合わせが整うだけでも顔の左右の歪みも改善されるようです。私の場合抜歯したためか、以前より少し小顔になりました。

 

デメリット

お金がかかる

歯列矯正は保険適用外のため、全額自己負担です。

経済面の負担についてはまた詳しく記事にしますが、私は総額100万超えるんじゃないかなと予想しています。(相場は60万~120万)

私のわずかなパート代はほとんど矯正代で飛んでいきました。涙

歯並びは健康面でも悪影響を及ぼすので、今後は少しでも保険適用になればいいなぁ。

 

綺麗になるまで時間がかかる

非抜歯で2年、抜歯で3年と言われましたが、リテーナーを付ける期間も加えると、完全に終わるのは恐らく最低でも5年はかかるのではないでしょうか。(予想なのでもっとかかるかもしれませんが)特に大人は子どもと違い、既に歯が固定されているため動きが遅いらしいです。

私は下の歯だけでも1年ぐらいかかっています。今あと数mmというところ。

長い闘いですよ。根気も必要!

 

器具を着けた見た目が気になる

矯正器具の種類はいろいろありますが、一般人な表側矯正だと銀色のワイヤーがキラキラしているので、見た目が気になりますよね。

 

ただ、これは次第に慣れます。周りの人も、「矯正してるんだー。ふーん」ぐらいの反応で、(本当にこれ以上でも以下でもない反応)器具を付けているぐらいでびっくりされたりはしません。年齢が若いほど見た目が気になってしまうかもしれませんが、そんなに気にする必要はないです。

 

ただ以前保育園勤務の時、子どもたちから「なにつけてるの~?」ってめっちゃ聞かれました。子どもは容赦ない(笑)すごく不思議そうな顔で見られていました。

 

食べ物が食べにくい

これも地味にきつい。調整後3日~1週間は硬いものが食べられないため食事に悩まされます。酷いときは介護職か?ってくらい料理を刻みます。

 

調整後でなくても、しっかりめのお肉、繊維がある野菜、えのきは食べにくい。

えのきだけ名指しです(笑)こやつは細かく切らなければ食べにくい食材です。鍋のえのきとか大体そのまま入っているので注意。

 

歯に食べ物が挟まりやすいため歯磨きが大変

虫歯にならないためにも食後の歯磨きは必須です。特に奥歯に挟まりやすく、挟まり具合によっては歯磨きも大変です。

私は歯磨きするだけでも10分近くかかることがあります。

 

痛い

痛みの感じ方は人それぞれですが、調整中と調整直後はさすがに痛い。常に痛いということはありませんが、その時だけ痛みに耐えなければなりません。

 

顔が変わる

メリットでもあげましたが、デメリットになる場合もあります。悪い実例をあげると、頬がこけた、法令線ができた、顎が長くなったなど、噛み合わせは改善しても容姿が悪くなったと感じる人も少なくないようです。

それは恐らく、歯科医が顔と噛み合わせのバランスを考えずに治療を進めていったのではないでしょうか?歯科医探しもしっかりとしておかなければ後々後悔することになるかもしれません。

 

滑舌が悪くなる

器具が入ることで若干滑舌が悪くなり、話しにくくなります。それでも若干なので、周りの人からはそこまで指摘されたことはありません。ただ自分が気になるだけ。

接客業や声を使うお仕事の方は辛いかもしれません。私はカラオケが好きなので、歌いにくくなったことは少し辛かったです。

 

永久歯を抜歯しなくてはいけないケースも

元々の顎の大きさと歯並びが合っていない場合、健康な永久歯でも抜かなければならないケースもあります。健康な歯を抜くのは少し抵抗がありますよね。ですが私はいろいろ調べた結果、4本抜くことに。その理由と抜歯についてはまた後日記事にしたいと思います。

あ、もちろん痛いです。(笑)

 

最後に

こうして見てみると、4つのメリットに対してデメリットの方が多いので、やっぱり大変だし止めとこうかなとなる方もいるかもしれません。

気持ちはものすごく分かりますが、私は思いきってやってみて良かったと思います。

なぜならデメリットを上回るくらい、メリットの方が大きいから。

 

デメリットの方は経済面での負担が大きいのは痛いですが、その他のことは小さなことです。それよりコンプレックスから解消されるというだけで小さなデメリットなんか吹き飛んでしまいます。それくらい、メリットの方が大きい!

 

以上、大人の歯列矯正のメリット・デメリットでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

洋服やメイクよりまず『歯』にお金をかけるべき!【歯列矯正のススメ】

f:id:mmm171218:20171228165817j:plain

歯列矯正を始めて約2年ほどになります。

まだ治療中の段階でブラケット(矯正装置)もついたままですが、歯並びは明らかに良くなりました。本当に本当に歯列矯正をして良かったと思います。

これから歯列矯正関連の記事を書いていく予定ですが、まず今回は私の元々の歯並び、歯並びで悩んだこと、現在の変化など書いていきますね。

私の元々の歯並び

  • すきっ歯
  • 出っ歯
  • 噛み合わせ悪い

三重苦です。更にガミースマイルも追加すると四重苦に。涙

ガミースマイルとは笑った時に歯茎が剥き出しになる状態です

歯並びは気にするほどじゃなかったのですが、歯の中心がすきっ歯であったことが私の最大のコンプレックスでした。

出っ歯は気にしていなかったのですが、矯正歯科の先生から指摘されました。「歯が出ている」というよりは「上あご全体が出ている」という感じでしたね。

(口元がもっこりしている、いわゆるゴボというやつ)

 

(; ・`д・´).。oO(書き出すと四重苦どころでもなくなってきたぞ・・・!)

 

歯並びのせいで自信が持てなかった学生時代

f:id:mmm171218:20171228173008j:plain

自分の容姿に自信を持てない

この歯並びのせいで学生時代は辛かったです。好きな人が出来てもなかなか自分から積極的になれませんでした。「こんなやつに好かれても迷惑だろう」と。もちろん歯並びだけのせいじゃないけど、それほどコンプレックスでした。

結局夫とはすきっ歯時代に恋愛して結婚したから、今思うとそんなの全然気にしなくてよかったんだけどね。

しかし思春期は自分の容姿に過剰に悩みやすいので、歯並びの影響は大きかったです。

写真撮影で笑えない

これも地味に辛かった!学生時代で、口を開けて笑った写真が一つもありません!(多分何枚かはあったけど、見ていられなくて捨ててる。笑)

だから写真を撮られることがすごくすごく苦手でした。カメラを見つければ逃げる生活。これは今では本当に後悔しています。もっと友達や家族との思い出を写真に残しておけば良かった。

 

矯正開始から約2年後の変化

歯の隙間がなくなる

抜歯しているので、その分の隙間はまだ埋まりませんが、一番気にしていた中心の隙間がなくなりました!これだけでもかなり笑いやすくなるように。

噛み合わせが良くなった

まだ完全にではありませんが、以前より上あごと下あごが合わせやすくなりました。

噛み合わせが改善されたことで健康面で変化があったかはまだ治療中のため分かりませんが、長い目で見れば良くなっていると思います。

顔にも変化が表れる

顔が小さくなった

抜歯したためか、なんと少し顔が小さくなりました!先生からは「年のせいじゃない?」なんて言われたけど、(おいおい)結構いろんな人からも「顔がスッキリした」と言われます。

つわり中は嘔吐していたこともあって、「やつれたね」とも言われましたが(汗)

もともとパンパンな顔だったので嬉しい変化です!

顎もでてきた

顎が伸びたってことじゃないですよ。元々しっかりとした顎がなかったので、お魚みたいな横顔だったし、口を閉じると顎に梅干しが出来ていたんです。顎に皺ができると言いますか・・・お分かりいただけるでしょうか?

今確認してみると、いつの間にか顎の梅干しが消えていました。

写真を撮られることに抵抗がなくなった

中心の隙間がなくなり、今では口を開けて笑っている写真の方が多いです。矯正器具は付いたままですが、あまり気になりません。

 

歯列矯正をすることで自信をもてるように

まだ治療は終わっていませんが、前述しているような嬉しい変化があり、今の時点でも前よりも自信をもてるようになりました。

▼こちらは同じく現在歯列矯正中のみどりさんのブログです。

midori32.hatenablog.com

みどりさん、ありがとうございます!

歯列矯正の変化を分かりやすくまとめられていてとても参考になります。

すごく素敵になられましたよね!Eライン美しくて羨ましいです。歯列矯正でここまで変われるんです。これってすごくないですか?

治療中は辛いこともありますけど、このような良い報告が見られると今後の治療も乗り越えていけそうです(^-^)

 

最後に

今回は良かったところだけ紹介しましたが、デメリットももちろんあります。

その部分も含めて今後も歯列矯正の記録と体験談を兼ねて、ちょこちょこと紹介していきますね。

歯列矯正ってお金もかかるし治療期間も長いし痛いし・・・始めるのに時間と勇気とある程度お金が必要ですよね。私も何年も躊躇していました。

でもその躊躇している時間ってすごくもったいない。できれば早く始めた方が良いです。早く始めた分だけ、たくさん笑顔でいられると思います。そして自信も持てるようになります。

だから、タイトルに付けたようにまずお金をかけるべき所は『歯』だと思うのです。根本的な部分を直してからの方が、おしゃれももっと楽しいはず!

 

今歯科矯正を始めようか悩んでいる方に、何か参考になれば幸いです。

 

本日はここまで(*^▽^*)

最後まで読んでいただきありがとうございました。